ふんわりもっちり”ご飯”を美味しく炊くコツ

こんにちは。

働く女性の夢を叶える食事法の伝道師

上原まり子です。

 

ここまで、

ご飯の食べ方についてお伝えしてきましたが

今回は、ご飯の炊き方について

ふっくら美味しく炊く方法

お話したいと思います。

 

ふっくらおいしいごはんを炊く秘訣

レッスンにいらっしゃる生徒様からは

よく以下のように言われます。

 

「玄米がおいしい!」

 

「全然いやなにおいがない」

 

「ぱさついていない」

 

「一粒ひとつぶがひかっている」

 

「こんなごはんが炊きたい!」

 

ふんわり、もっちり、美味しい

ごはんの炊き方のコツは5つあります。

 

 

1.ガスの火を使う

電気炊飯器はずいぶん進化してはいますが、

やはり時間とともに風味がおち、

冷めるとパサつきます。

 

料理に関しては、

電気よりもガス!!

 

どんな理屈を並べても

何よりおいしくなるのは

ガス!なんです。

 

マクロビでは火の力は

とても大切にしているエネルギーを

調整するときに大変重要なのです。

 

ガスの火

 

2.お米を”選ぶ”ことで成功の確率が高まる

やはり、安心・安全なお米を選びたいですね。

品質を考慮するならスーパーだけでなく、

自然食品店、宅配の利用もよいかと思います。

 

新しい品種のお米よりも、

日本人が昔から食べてきた

ロングセラーの品種がおすすめですよ。

 

3.洗うときは優しく

お米を”研ぐ”とはいいますが、

削らないように!

傷がつくと酸化が進みます。

やさしく洗いましょう。
 

料理は洗うところから

すでに始まっています。

気持ちが入るので、落ち着いて・・・・

 

4.浸水する

白いお米なら1時間~、

玄米は6時間以上浸水しましょう。

 

5.良いお鍋を使う

お鍋の実力も大事です。 

おすすめお鍋は別の記事でお話しますね。

 

まとめ

おいしいごはんがあれば

料理はほぼ成功!

 

私たちの体、ルーツ(根本)を作る

主となる偉大なる一品です。

 

手を抜かず、気も抜かずとりかかり

最高においしいご飯を食べましょう♪

 

 

ご飯がおいしいのは健康の証ですよ^^

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事